全身の疾患と歯周病 全身の疾患と歯周病

歯周病は全身疾患と深い関わりがあります

国民病ともいわれる歯周病は歯ぐきの炎症からはじまり、悪化すると顎の骨を溶かし、やがては歯を失ってしまう病気です。そんな歯周病の影響は、お口の中だけに留まらないのをご存じでしょうか? 葛飾区亀有駅から徒歩1分の歯医者「慈恵歯科クリニック」が、歯周病と全身疾患の関係性についてご説明します。

歯周病が大きな病気の原因になることがあります

糖尿病、肺炎のほか、血栓による疾患である心筋梗塞などは、歯周病との相関性や歯周病菌によって引き起こされる可能性があるという研究報告があります。つまり歯周病の治療は、お口の中だけでなく、全身の健康維持のためにも重要な治療なのです。

歯元性菌血症(しげんせいきんけつしょう)と敗血症

歯元性菌血症とは、歯周病菌を含む口腔内細菌が血液中に侵入する現象を指します。歯周病にかかっていると歯肉に炎症が起こっているので、歯磨きなどの際に出血し、細菌などが侵入することで菌血症を引き起こします。

歯元性細菌症によって細菌などが全身をまわってしまうと、敗血症(はいけつしょう)の原因になります。敗血症は細菌感染症が全身に波及し、治療しないとショックや多臓器不全など、さまざまな疾患の要因となります。

細菌性心内膜炎

口腔内の細菌が心臓弁またはその周辺に付着して増殖して起きる感染症で、心臓弁膜に障害のある方に起こりやすいのがこの細菌性心内膜症です。歯周病菌などは付着力が強くバイオフィルム(歯の周囲に付着した細菌の膜)を形成する能力も高いので、心内膜に付着してしまうこともあります。

動脈硬化症

歯周病は、高脂血症や糖尿病、高血圧、喫煙、食生活やストレスなどとともに動脈硬化症の要因のひとつに挙げられます。動脈硬化部位から歯周病菌のDNAが検出されているのです。

動脈硬化症は動脈が狭まり、最終的に歯動脈の血流が遮断されて、栄養や酸素などが行きわたらなくなります。動脈硬化症が発生する場所によって心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。歯周病患者では心臓血管系疾患の発症リスクは、歯周病でない人に比べてかなり高いと報告されています。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

口腔内の細菌などが肺に入ることにより起こる肺炎が誤嚥性肺炎です。高齢者や寝たきりの方など嚥下反射や咳反射の機能が低下している場合に多くみられます。気管支や肺にまで達した細菌は、健康な人の場合は肺胞マクロファージなどにより消化され殺菌されます。しかし免疫力が低下していると細菌が増殖し肺炎となってしまうのです。歯周病があるとこの誤嚥性肺炎のリスクも高まることになります。

糖尿病

慢性歯周炎と糖尿病は互いに影響をおよぼし合うといわれています。したがって歯周病を治療することは糖尿病の症状の改善にもつながることがあるのです。

歯周病があると、マクロファージ(白血球の1種)が活性化され、炎症反応を引き起こす物質が産生され組織の炎症が進みます。これによりインスリンの分泌細胞に障害を受け、インスリンを処理する細胞にも影響がでます。また糖尿病に感染していると免疫力が低下し、さまざまな組織に影響することで、歯周病同様にマクロファージが活性化を招きます。このように、歯周病と糖尿病は密接に関係しているのです。

歯周病治療に成功すると、炎症を起こす物質の生産量が減少し、結果として最終的に血糖値が下がり、糖尿病にも効果があるといわれています。

妊娠トラブル

妊婦さんが歯周病にかかっていると、早産や低体重児出産のリスクが高まります。歯周病菌が血液中に入り歯元性菌血症となり子宮内へ感染すると、胎児の成長を阻害します。さらに子宮の筋肉を収縮させる作用のある合成物質をつくることにより、早産となってしまうことがあるのです。

がん

「歯周病は肺、腎臓、脾臓、血液のがんのリスクの増大に関連している可能性がある」という報告があります。歯周病歴のある男性医療専門家を対象にした長期研究によると、がんを患う可能性を全体と比較すると約14%高いという結果が得られました。つまり歯周病によりがんのリスクが高まる可能性も指摘されています。

消化器疾患

歯周病菌のカンピロバクターレクタスは胃炎や胃潰瘍、胃がんの原因にもなる可能性がある、ピロリ菌と共通のさまざまな抗原(こうげん:異物の侵入から人体を守る免疫反応を引き起こす物質の総称)を有しています。この免疫反応によりアレルギー症状を誘発し、口腔内だけではなく全身の炎症を引き起こす可能性もあります。

歯性病巣感染症

歯性病巣感染症とは、慢性疾患がある歯の部分とは別の臓器に二次的な疾患が発生することを指します。主にリウマチ性関節炎、亜急性心膜炎(あきゅうせいしんまくえん)、心筋炎、神経炎、光彩毛様体炎(こうさいもうようたいえん)、ループスエリテマトーデス、皮膚炎、膿胞症、敗血症、糖尿病、循環器障害、細菌性心膜炎、貧血などが二次疾患として挙げられます。歯周病菌による菌血症は身体の別の部分で歯性病巣感染症を起こす可能性もあります。