子どもが虫歯にならないようにするコツ

乳歯は虫歯になりやすいことをご存じですか?

乳歯は薄くやわらかいので虫歯になりやすく、歯の自然治癒機能である「歯の石灰化」も少ないので進行が早いといった特徴があります。「乳歯はいずれ永久歯に生え替わる」からといって放っておくと、大切な永久歯の健康にまで悪影響が出てしまうことがありますのでご注意ください。

また乳歯に虫歯があると、咬む力が偏ったり食事を嫌がったり栄養の摂取がうまくいかなかったりと、骨格や全身の成長にも影響するという報告もあります。そこで葛飾区亀有の歯医者「慈恵歯科クリニック」が子供を虫歯から守るコツをご紹介します。

ご家族から虫歯がうつることがあります

ご家族から虫歯がうつることがあります

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には虫歯菌が存在しません。虫歯菌は食べものを口うつしで与えたり、スプーンやお箸、食器を共有したりすることにより、唾液を介して赤ちゃんに感染することがほとんどなのです。

赤ちゃんと一番長く過ごし、一番近くにいるのはお母さまとお父さまです。赤ちゃんに虫歯をうつさないようにするには、口うつしで食事を与えないようにしたり、食器類を別にしたりすることはもちろん、虫歯菌の感染源となるご家族の口腔環境を整えることも大切。お子さまのために、ご家族全体で虫歯予防に取り組みましょう。

お子さまへ虫歯菌の感染を防ぐために
  • 食べものの口うつしはやめましょう
  • 赤ちゃん専用のスプーンや食器を用意しましょう
  • 家族全員がお口の健康を保ち、清潔を心がけましょう

お子さまを虫歯にさせないために

虫歯は、普段の生活習慣が大きく関わっています。そこで、お子さまを虫歯から守るためのポイントをご紹介します。

食事やおやつは時間を決めましょう

食べものをだらだら食べていると、お口の中が虫歯になりやすい環境(酸性状態)のままになってしまいます。また、口の中に食べものが残っていると、歯を強くするために必要不可欠な歯の再石灰化を促すこともできません。そこで、食事やおやつは決まった時間に与え、再石灰化ができるように食事の間隔あけるようにしましょう。

歯によいものを積極的に食べさせましょう

虫歯菌が食べカスに含まれる糖分を分解して、歯を溶かす酸を生み出しことで虫歯が発生します。子どもの大好きなおやつには糖分が多く含まれていますので注意が必要です。歯の健康を考えるのであれば、キシリトール入りのおやつなどノンシュガー製品を取り入れることをおすすめします。

食べたあとは歯磨きしましょう
食べたあとは歯磨きしましょう

食後のお口の中は酸性になり、虫歯になりやすい環境になります。虫歯予防のためには毎食後のできるだけ早いタイミングでの歯磨きが理想です。子どものうちから習慣づけることが虫歯予防につながります。外出先などで歯磨きができないときは口をゆすぐだけでも有効です。

PICK UP! 仕上げ磨きを忘れずに!
飲食後の歯磨きや口ゆすぎは虫歯予防に効果的です。就寝前の歯磨きもとても大切。それは眠っている間は唾液の分泌量が少なくなり虫歯になりやすくなるからです。まだ自分で歯磨きをうまくできない年齢のお子さまは、お母さまが歯磨きを手伝ってあげましょう。お子さまがひとりで磨けるようになっても小学校中学年くらいまではお母さまの仕上げ磨きは欠かせません。

35.7654276,139.8483059

慈恵歯科クリニック

35.7654276,139.8483059