子どもを歯医者嫌いにさせないポイント 子どもを歯医者嫌いにさせないポイント

お子さまが歯医者嫌いにならないためにできること

大人でも歯科医院に対して不安や苦手意識をお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか? お子さまなら、なおさら「怖い」「痛い」「嫌い」と感じてしまうかもしれません。しかし、歯科医院に苦手意識を持ち、通院してもらえないとお口の健康を守ることはできません。

お子さまが歯医者嫌いにならないよう、またお子さま自ら「歯医者さんに行きたい」と思えるようにすることが大切だと、葛飾区亀有の歯医者「慈恵歯科クリニック」では考えています。

歯医者さんを選ぶのも重要なポイントです

歯医者さんを選ぶのも重要なポイントです

お子さまが歯医者嫌いにならないために大切なのが歯医者さん選び。はじめての歯医者で「痛かった」「怖かった」「不安だった」という気持ちを一度でも持ってしまえば、それ以降は歯医者が苦手になってしまいます。そうならないように、お子さまの気持ちを尊重し、歯の健康を守ることが得意な歯科医院を見つけることをおすすめします。

歯医者さんを選ぶポイント
わかりやすく説明してくれるかどうか

質問にわかりやすく答えてくれて、メリットもデメリットも伝えてくれる歯医者さんを選びましょう。

意見もきちんと聞いてくれるかどうか

歯科医師の視点だけでなく患者の視点に立つことのできる歯医者さんを選びましょう。意見に耳を傾けてくれる歯医者さんであることが大切です。

いつも院内が清潔に保たれているかどうか

子どもはいろいろな場所を触ります。そのため院内全体にまで目が行き届き、清潔を保っている歯科医院を選びましょう。

医師やスタッフとの相性も大切です

歯科診療も「人と人とのつながり」です。そのためお母さまだけでなくお子さまとの相性も大切です。

お母さまへのお願い

お子さまが歯医者に悪い先入観を持ってしまわないように、以下のようなポイントを押さえてお子さまと接していただけると助かります。

ご来院前

歯医者に行くことを脅し文句に使わないでください
「悪い子は歯医者に連れて行くよ」といった歯医者を脅し文句に使うと「歯医者は怖い所」という先入観を植えつけることになります。

歯医者に行くことを伝えておきましょう
心の準備ができていない状態で歯医者に行くと、不安から必要以上に怖がることがあります。歯医者に行く前には、必ず歯医者の重要性や治療をわかりやすく説明してあげてください。

「痛くないよ」「行くだけだよ」という嘘はやめましょう
「お母さんから聞いた言葉」と「実際に歯医者の治療」が異なれば、お子さまはだまされた気持ちになり、それが「歯医者嫌い」につながることがあります。安易な嘘をつかないようにしましょう。

お子さまの機嫌のよい時間に通院しましょう
「眠くなる時間」「お腹がすく時間」など、お子さまがぐずりそうな時間帯を避け、お子さまの生活リズムに配慮して機嫌のよさそうな時間帯に診療の予約を入れるようにしてください。

来院されたら

お母さまがリラックスして治療を待ちましょう
お母さまの緊張はお子さまに伝わります。まずお母さまが笑顔になりリラックスしてください。

「痛い」という言葉に注意しましょう
お母さまが治療中に心配になり、お子さまに「痛くない?」と聞いてしまうことがあります。しかし「痛い」という言葉と「歯医者」が関連づけられてイメージされてしまうことがあるので、「痛い」という言葉は口にしないようにしましょう。

ご帰宅後
ご帰宅後

たくさんほめてあげましょう
「えらかったね」「よくがんばったね」と治療が受けられたことを、ご家族みんなで思いっきりほめてあげましょう。ほめられることでお子さまに自信がつき、次回の治療もがんばれるようになります。

うまく治療できなくても叱らないでください
泣いてしまい治療がうまくいかなくても責めないでください。次回の来院につながるようにやさしく励ましましょう。そんなときは、お家でお口を開ける練習などをしてみましょう。