歯周病治療 歯周病治療

歯周病について詳しく理解しましょう

歯磨きなどのお口のケアが行き届いていない部分があると、歯垢(プラーク、食べカスではありません)がたまり、歯周病菌などの菌が塊となって棲みつきます。すると歯ぐきが炎症を起こし、歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)が深くなり、歯を支えている顎の骨が溶けだすこともあります。放っておくと歯を失ってしまう可能性もある歯周病について、葛飾区亀有の歯医者「慈恵歯科クリニック」が予防や治療法をご紹介します。

成人の約8割が歯周病または歯周病予備軍です

成人の約8割が歯周病患者もしくは歯周病予備軍であるといわれています。初期段階では自覚症状がほとんどないため、気がつかないうちに進行してしまうのが歯周病の特徴です。「歯ぐきからの出血」「歯ぐきの腫れ」「口臭がきつくなった」といった変化を感じたら、歯周病の可能性があるので当クリニックまでご相談ください。

歯周病の原因とは

歯周病になる最大の原因はプラークです。
プラークとは歯の周りについた細菌の塊のことで、磨き残しの食べカスと誤解されがちですが、顕微鏡でみるとウジャウジャと細菌が動いている状態です。

FACTOR1 プラークの主な要因
FACTOR1 プラークの主な要因 FACTOR1プラークの主な要因
FACTOR1 プラークの主な要因
  • 不適切な歯磨き、歯間ケア
  • 唾液の量と質
  • 口呼吸
  • 歯ぎしり
  • 歯列不正
  • 合わなくなった被せ物
FACTOR2 生活習慣での要因
FACTOR2 生活習慣での要因 FACTOR2生活習慣での要因
FACTOR2 生活習慣での要因
  • タバコ
  • ストレス
  • 不規則な生活
  • 食事内容、食習慣
  • 遺伝的な要素(細菌の親子間感染も含めて)
  • 糖尿病
  • ホルモンバランス

歯周病とは、これらの要因が複合的に絡み合って悪化していく慢性の細菌感染症なのです。

今すぐ歯周病のリスクをチェックしましょう

歯周病の簡単な「チェックリスト」をご用意しました。チェックした数が歯周病の進行度の目安になりますので、まずはセルフチェックからお口の状態を確認しましょう。

歯周病チェックリスト
起床時に口の中がネバネバする
口臭が強くなってきた
歯磨きのとき、歯ぐきから血がでることがある
歯ぐきの色が赤黒くなっている
歯がグラつく
歯ぐきが下がって、歯が伸びたように見える
硬いものを咬むと痛む
歯と歯の間にものがよくはさまる
冷たいものがしみることがある
歯ぐきを押すと血や膿がでる
歯ぐきがブヨブヨしている

歯周病の症状と治療方法

軽度の歯周病
症 状 処置・治療
歯磨き指導 スケーリング
歯ぐきに軽い炎症を起こり、歯周ポケットが少し深くなります。歯磨きのときに出血することもありますが、痛みはまだありません。 毎日の歯磨きが大切です。一人ひとりの患者さまに適した磨き方や歯ブラシ・歯磨き粉などをご提案いたします。 「スケーラー」という専門器具を使い、毎日のセルフケアではなかなか落とせない歯垢や歯石を取り除きます。
症 状
歯ぐきに軽い炎症を起こり、歯周ポケットが少し深くなります。歯磨きのときに出血することもありますが、痛みはまだありません。
処置・治療
歯磨き指導
毎日の歯磨きが大切です。一人ひとりの患者さまに適した磨き方や歯ブラシ・歯磨き粉などをご提案いたします。
スケーリング
「スケーラー」という専門器具を使い、毎日のセルフケアではなかなか落とせない歯垢や歯石を取り除きます。
中等度の歯周病
症 状 処置・治療
ルートプレーニング フラップ手術
歯周ポケットが深くなり、歯を支える顎の骨にまで炎症が達した状態です。歯のグラつきや歯ぐきの腫れ・出血、口臭が気になりだします。 「キュレット」という器具を使い、スケーリングでも落としきれない歯ぐきの深い部分の歯垢や歯石を除去します。仕上げに歯根表面をなめらかに研磨して汚れの再付着を防ぎます。 局所麻酔をして歯肉を切開し、歯周ポケットの奥深くに付着している歯垢や歯石を取り除きます。感染した組織も除去してから、歯肉を縫合します。
症 状
歯周ポケットが深くなり、歯を支える顎の骨にまで炎症が達した状態です。歯のグラつきや歯ぐきの腫れ・出血、口臭が気になりだします。
処置・治療
ルートプレーニング
「キュレット」という器具を使い、スケーリングでも落としきれない歯ぐきの深い部分の歯垢や歯石を除去します。仕上げに歯根表面をなめらかに研磨して汚れの再付着を防ぎます。
フラップ手術
局所麻酔をして歯肉を切開し、歯周ポケットの奥深くに付着している歯垢や歯石を取り除きます。感染した組織も除去してから、歯肉を縫合します。
重度の歯周病
症 状 処置・治療
GTR法 エムドゲイン法
歯を支える顎の骨が半分以上溶けてしまった状態です。歯ぐきが下がって歯が大きくグラつき、膿や痛みがあり、口臭がきつくなります。さらに悪化すると、歯が抜け落ちてしまうこともあります。 歯肉を切開し、歯周病菌に汚染された組織を取り除いたあと、歯周組織の再生スペースを確保するための特殊な膜「メンブレン」を挿入して再生を促します。この膜は組織再生後に取り除きます。 GTR法と同様に、歯周組織の再生を促す治療法のひとつです。「エムドゲインゲル」という薬剤を注入することでスペースを確保し、歯周組織の再生を促します。
症 状
歯を支える顎の骨が半分以上溶けてしまった状態です。歯ぐきが下がって歯が大きくグラつき、膿や痛みがあり、口臭がきつくなります。さらに悪化すると、歯が抜け落ちてしまうこともあります。
処置・治療
GTR法
歯肉を切開し、歯周病菌に汚染された組織を取り除いたあと、歯周組織の再生スペースを確保するための特殊な膜「メンブレン」を挿入して再生を促します。この膜は組織再生後に取り除きます。
エムドゲイン法
GTR法と同様に、歯周組織の再生を促す治療法のひとつです。「エムドゲインゲル」という薬剤を注入することでスペースを確保し、歯周組織の再生を促します。
PICK UP! 歯周内科治療について
歯のクリーニングや感染部分を切り取る外科的治療が主流の歯周病治療ですが、最近では位相差顕微鏡を用いることで、患者さまのお口の中で繁殖している歯周病菌をはじめとする細菌を特定し、その除菌のためのお薬を服用したり、専用の歯磨き粉で磨いたりして治療する「歯周内科治療」もご用意しています。治療期間も短く、痛みが少ない治療法です。

歯周病治療の流れ

従来の中等度以上まで進行した歯周病の治療では、歯ぐきを切開して歯石や感染部分を取り除く「外科的」治療が主流です。当クリニックでは、顕微鏡を用い細菌(歯周病菌やカビ菌)の種類を特定することで、その細菌に効くお薬を使用して治す「歯周内科治療」も行っています。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


クリックすると動画が見れます
STEP1 細菌の確認 STEP1細菌の確認
「位相差顕微鏡」を使い、お口の中の細菌を実際に確認します。患者さまにもご覧いただくことで、現状と治療後との違いをご実感いただくことができます。
骨が溶けて細菌のすみかが大きいと治りずらくなります。
STEP2 洗口と歯磨き STEP2洗口と歯磨き
歯周病菌に効く専用の洗口剤と歯磨き(ジェル)を使用してお口の中の歯周病菌を除去し、必要に応じてお薬をお出しします。
STEP3 歯垢・歯石の除去とAP水による洗浄 STEP3歯垢・歯石の除去とAP水による洗浄
歯周ポケットにたまった歯垢や歯石を丁寧に取り除き、AP水を用いて洗浄します。この段階になるとお口の中の歯周病菌やカビ菌はかなり減少しているはずです。
STEP4 定期検診とメインテナンス STEP4定期検診とメインテナンス
一旦治療が終わっても、メインテナンスを怠って再発、更に悪化するケースが後を絶ちません。健康なお口の状態を維持するために、定期的に歯科検診を受け、メインテナンスを続けましょう。
位相差顕微鏡

位相差顕微鏡を使用することで、眼では見えない細菌の種類や量を確認することができ、ここからお口の状態、効果的な治療法をご提案します。